2011.3.14
誰もが予想だにしなかった状況が起きてしまいました。
まずは東北地方太平洋沖地震でお亡くなりになられました皆様、ご家族様には心よりお悔や申し上げます。
また被災された皆様の、一日も早い安全、安心の確保と、復旧を心よりお祈り致します。

地震からはや数日が経ちましたが、被害は治まることを知りません。
宮城、福島、岩手など、東北を中心に大被害が見舞われ、テレビの画面に映し出される悪夢が現実なのだと思うと、単なる言葉だけでは片付けられない、言いようのない想いが立ちこめてきます。
地震の指標値であるマグニチュードもM 9.0と修正され、日本の過去最大規模、世界規模でみても凄まじい規模です。
引き続き、連鎖的に各地で別の震源地での地震や余震、大津波が予想され不安な事態の終わりが見えません。
また福島の原子力発電所でも災害事態が起き、目に見えぬ放射能の恐怖がじわじわと迫り狂ってきます。
そんな中、皆さんの心境ははかりしれないものだと思います。
被災地の大部分ではライフラインも閉ざされ、当たり前に思える水や電気、ガスなど供給されていない状況です。
食料も限られ、救助されず孤立している方々も大勢いらっしゃるようです。
お年寄りや小さな子供達、大人でさえも眠れぬ日々が続き、先の見通しがつかないまま過ごされているのでしょう。

故郷の秋田にも安否の確認をとったところ、家族は無事でしたが、数日の間、水道、電気の供給が止まり、蝋燭で火を灯して暮らしたそうです。
自分の家族が無事であったのは勿論嬉しいですが、亡くなられた方や未だ行方不明になられている多くの方々、また家やすべてを失った方々が無数にいらっしゃることを思うと、手放しに喜ぶことはできません。
同じ不安、同じ状況ではありませんし、同じ苦しみを今感じられるわけではありませんが、僕も小学生時代に日本海中部地震を経験し、地震における大きな不安が未だ胸に残っています。
当時、授業中に起きた地震はのちに大津波を引き起こし、僕自身は高台に避難しましたが、家族ともばらばらで安否もしばらく分からず、それはそれは不安でした。
高台の向こう側に見えるはずの日本海、水平線の上に、普段は見ることのない白い線上のものがありました。
その白い線上のものが、実は大津波だったのです。
今回の地震で起きた大津波の映像を目にし、過去の忌まわしい出来事と重なるように記憶が鮮明に蘇りました。
大津波は自宅の庭付近まで押し寄せ、眼下で多くの人や家、車などあらゆるものを飲み込んでいったのです。
同級生のご家族もにもご不幸が起き、その場にいた人達は恐怖と不安で押しつぶされながら、皆泣いていました。
僕自身もまた、涙を落とさずにはいられなかったことを覚えています。

今こうしている中も、被災地の皆さんがどんな想いでいらっしゃるのかと思うと、非常に心苦しいです。
都内近郊や近隣の都道府県でも被害を受けたり亡くなられた方々はいらっしゃいますが、東北地方のようにライフラインが閉ざさているわけではありませんので、節電は勿論、それから個人個人が今なにができるかを考えて、行動していかなければなりませんね。
当たり前のようにできていたことが一瞬にして奪われた方々に、これ以上頑張れ!とはとても言えません。
もう充分に頑張っていらっしゃいます。
身も心も疲労した被災地の方々が、これ以上無理せずにいられるよう、少しでも被害がおさまってくれることを待つばかりです。
そして救助隊の皆さんも寝る間を惜しんで、頑張ってくれています。
海外からも100近くの国々から救助、救援物資の申し込みがあったようで、続々と被災地入りされているようです。
世界は広く、たくさんの国々で成り立っていますが、こうして困っている時に助けて頂けるのは本当に有り難いことだと感じます。
日本も海外で震災が起きた時は被災地へ向かったりしていますが、本当に困った時に、国を越えて助け合えることは世界平和にも繋がりますし、嬉しいです。
海外の救助隊の皆さん、遠いところ、本当にありがとうございます。

僕も自分なりにできることを探し、少しでも皆さんのお役に立てることを考えて行動していきたいと思っています。
支援という大掛かりなものではなくとも、僅かなことでも皆が行えばそれは大きなものとなるはずです。
例えば自分が困っている時、誰かに助けて頂けたら、それは本当に心から嬉しいと感じるでしょう。
深く考えるより、些細なことでもできることはたくさんありますよね。
個人的にも動きますが、GOD CHILD RECORDSでも僅かながら、何らかのチャリティーを行えるよう現在思案中ですので、皆さん、ご協力のほどよろしくお願い致します。
また詳細が決まり次第、お知らせしていきたいと思っています。

また、この度アルバム「VAMPIRE SAGA」の応募券、抽選によるアコースティックライヴは延期となりました。
現在の状況を考慮してくださった上で、avexサイドから延期の連絡を受けました。
楽しみにしてくださっていた方々には大変申し訳ございませんが、何卒ご理解頂けますよう、お願い申し上げます。

奪われた多くの大切な大切な人と動物の命。
美しい自然の景色も今は見る影もありません。
起きてしまった事実は変えられませんが、早く不安が取り除かれ、復旧しますように。
一刻も早く皆さんの笑顔が見られますように。
今はただ願うばかりです。


>>Diary
>>home