2009.9.1
爽秋の候 、早いもので9月となりました。
「薔薇」と言いますと夏の季語ではありますが(冬をつけた「冬薔薇」は冬の季語)、近年は一年中、その美しさを目に映すことができますね。
勿論日射しの和らいだ、実りある季節も当然、薔薇に相応しい季節だと思います。
そんな中、本日GOD CHILD RECORDSのサイトでもある、「Rozen Kranz」のホームページが遂にオープン致しました!


9/4のFCライヴに先駆け、NEWグッズもご覧頂けるようになっています。
一応携帯でもご覧頂けるようにはなっていますが、詳細やその旨、世界観を大々的に堪能して頂くにはパソコンから見て頂く方が良いかと思います。
ちなみに今回このホームページを立ち上げに関して携わって頂いたクリエイターの皆さんを、少しずつご紹介したいと思います!

まずパソコンのトップで流れている曲は僕のソロ作品「Corvinus」なのですが、インディーズ時代のエンジニアKさんにピアノアレンジして頂きました!
ピアノアレンジだとまた別の良さがぐっと引き出されますね。
流れるような旋律がとても心地良く、思わず眠りを誘ってしまいそうです!

それから徐々に緩やかな孤を描く、大輪の薔薇のフラッシュも素敵ですよね!
こちらはロマンティックな雰囲気に仕上げて頂きました。
色合いもチョコレート色だったり、ラズベリー色だったりと、今までのDにない色合いです。
DのオフィシャルHPのフラッシュもまさにD!という感じでとても好きなのですが、こちらはこちらで、癒されるような映像ですごく気に入っています。
なんとこのふたつのフラッシュを作られたデザイナーYさんは同じ方なんですよ!
男性なのに、とても僕の好みをわかってらっしゃる!(笑)
僕の細かなオーダーに合わせて色々なイメージを作れるというのはすごいですよね!

そしてサイトの中身や様々なページを細かく拘って作って下さったり、堂々たるRozen Kranzのロゴを作って下さったデザイナーMさん。
薔薇と王冠、それにリボンが上品且つデコラティブな作品です!
制作ページも多く、僕の注文が多かったので、かなり大変だったにも関わらず、嫌な顔ひとつせず、すぐに制作、修正等してくれましたからね!(笑)
全体を通して見やすく、かつ華麗に仕上げて頂きました!
大満足です!

それとMad tea party MAGAZINEのロゴを、インディーズ時代のCDジャケットやロゴなどで、大変お世話になったSさんにデザインして頂きました。
「闇の国のアリス」的な帽子を被った時計ウサギとアリスがモチーフの幻想的なロゴです!
ちなみにSさんは今回のMad tea party MAGAZINE Vol.11&MTPMα Vol.8もたっぷりとデザインしてくれていますので、発売日をお楽しみに!

それからシュシュやストラップ、ミラーの制作にはMさんにもご協力頂きました!
いつもお世話になってます。

そしてこのHPの制作にあたって快く承諾してくれたスマイルカンパニーにも感謝です!

ちなみにロゴとグッズのNYASAGIや毛玉達やヒョウ柄は全部NYASAGIさんがMacで描きました!(笑)
最近ようやくフォトショップのレイヤーの存在を知りました!(笑)
理解したのはほんの少しとはいえ、今までよりスムーズに修正したり描くことができました。
上手に使うとパソコンってすごく便利だね!
性能いいものなのに、全然上手く使ってあげてなくて、今まで悪いことした気分です(笑)。
それからにゃさぎどら焼きの包装紙なんかも自分でデザインしました。
印刷会社に初入稿したのですが(いつもはデザイナーさん任せでした)、こういったことには不慣れなので、若干ドキドキしました!(笑)
一度電話がかかってきたので、失敗したのかな!?と思って焦りましたが、特に問題もなく無事完成し、ホッとしました!(笑)
ただ、にゃさドラを包んでもらうと、毛玉達は大丈夫なのですが、若干NYASAGIさんがずれるというか、サイドにいることになるのです(苦笑)。
どう包んでくれるかまでは想定外だったので、そこだけ残念!にゃふっ.....!
けっこうNYASAGIと毛玉達を密度濃く散りばめたんだけどな?
まだ足りなかったようです。
日々修行あるのみ!ですね!(笑)
あ、にゃさドラのお味は勿論美味しいですよ。
老舗の和菓子屋さんが手がけた、しっとりつやつやに焼き上げた生地にたっぷりの粒あん!
薔薇饅頭も美味しかったけど、こちらも負けず劣らず美味なお味です。
甘いものが普段苦手な人でも、日本茶を添えて召し上がって頂きたい逸品!
今回は中味だけでなく、中味の帯、それからパッケージも拘れたのが良かったですね。
こちらは生ものということで現在通販の予定はありません。(賞味期限がわりと短いので)
FCライヴのみでの販売とさせて頂きますので、FCライヴにお越しの皆さんは是非ご賞味あれ!
数量は4個×250箱をお願いしましたが、こちらは和菓子屋さんがにゃさドラを納品できる1日分の限界だそうです。
それと限定数が222箱となっていますが、これは当日、メンバーや関係者の方にもお配りするので30箱分はとっておきたかったので当初は220箱限定にする予定でした。
でもどうせなら222(にゃんにゃんにゃん!)箱にしようと、関係者分を2箱減らすことに!(笑)
もし当日買えなかった人がいたらごめんなさい。
買えなかった人やもっと欲しいというご要望がすごく多い場合は、期間限定予約受付で通販できるようにするかもしれませんので、ご要望のある方は手紙やURのファンメールなどでもお知らせくださいね!

それからビビッドな色合いが新しいストラップ。
ボールチェーンについてるNYASAGIマスコットはプニプニで肉球的感触なのです!
デザインを肉球の形にしても良かったなぁとも思ったり.....!(笑)
僕は携帯以外にPSPかDSかデジカメにつけようかと思ってます!

シュシュは生地選びなどに迷いに迷った末、これからは秋冬なので、シール生地にしました!
鈴やリボンもたくさん種類があったんだけど、鈴は大きい方が可愛いんだけど、実際つけてみるとしゃりしゃり音がしすぎた(笑)ので却下して、なるべく大きく、音が小さいものにしました。
猫といえば鈴つき首輪+Dといえば衣装が合皮やエナメル+NYASAGI模様をうまくミックスしてみました!
食事する際に軽くサイド側に結ってみたり、アクセサリーぽく手首につけても可愛らしいかと思います。

鏡は使いやすい大きめ!
Dの昔からの定番グッズのミラーと同じ大きさですね。
こちらもヒョウ柄とイラストを描きました。
最初はもっと細かいデザインにしてたのですが、デザインが潰れる可能性があるとのことで、ラフな感じに仕上げました。
この鏡は丈夫なところも気に入っています!
市販のミラーであっという間に割れてしまった!なんてことがあったのですが、すぐに割れてしまっては駄目ですからね!

というわけで、「Rozen Kranz」のサイトなのに、今現在はNYASAGIグッズが占める割合が比較的多いような気もしますが(笑)、今後はファンの皆さんのアンケートも参考にしたいと思っています。
グッズとはいえ、ファンの皆さんに愛されるグッズを作って行きたいと思いますので、今後ともよろしくお願い致します!

僕はこういった制作ものに関してもわりと細かい性格なので、毎回クリエイター泣かせで、いつも申し訳なく思っているのですが、「やるからには拘りたい!」という気持ちを皆さんに理解して頂けることがとても有り難いです。
皆さんにはお忙しい中、こうしてお力を借して頂き、そして無事オープンできたことを本当に感謝致します!
ライヴやレコーディングに始まり、DVDや写真を撮ったり、取材などを受ける時もそうなのですが、一緒に仕事をして楽しかったり、気持ちを通わせてひとつの作品を作り上げることができるってとても素晴らしいことだと思います。
表舞台に立つのはDですが、裏でクリエーターさんやスタッフさん達の力強いサポートのお陰で、僕らは安心して音楽に打ち込めるのです。
Dが結成してから今まで、たくさんの人達が協力してくれたおかげで、ここまで来れました。
本当に、どれほど支えになったことか。
無論これからもお世話になってしまいますが(笑)、すべての人に感謝を忘れず、これからも僕、そしてDはがんばっていきたいものですね!
Dはメンバーとファンとスタッフ陣でできていますから。

それからファンの皆さんの中にもミュージシャンやクリエーターを目指し、また現在その世界で頑張ってらっしゃる方がいらっしゃると思いますが、作品に関わる人すべてと調和し、世の中に二つとない作品を生み出していって下さいね!
頑張ってる姿はとても美しいものだし、僕自身、作品を目にするのが非常に楽しみです!
いい意味でお互い好敵手となりましょう!

そしてお蔭様で「The name of the Rose」の香水もあと僅かとなってきました!
今後の制作は、また薔薇に関するグッズを作ってみたいなと思っています!
こんなDと薔薇のコラボ作品が欲しい、見たい!という方は、アンケートや手紙、Under the Roseのファンメールでご一報下さい!
あなたの声がダイレクトにグッズになるかも!?しれませんね!(笑)

あともう少しでFCライヴです!!
久しぶりなので、ガツンと夏の疲れを吹き飛ばす、濃厚セットリストになりました!(笑)
準備運動必須ライヴとなるので、参加される皆さん、覚悟して来て下さいね!(笑)


>>Diary
>>home